« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.07

小・中学校等の授業において同性愛者について扱うことをどう考えるか。

東京メトロポリタン・ゲイ・フォーラムが実施した
「'05 東京都議会議員選挙調査プロジェクト」の結果がwebで公開されています。
これは、

2005年6月24日告示・7月3日投開票の東京都議会議員選挙にあたり、      
     ・立候補を予定している者
      (対象:新宿区、中野区、杉並区、世田谷区、板橋区、練馬区、北区、
          江戸川区、台東区、立川市選挙区、西多摩選挙区、南多摩選挙区)
     ・東京都議会に現在議席を持つ政党・会派と、今回の都議選で候補者を擁立する政党   
    を対象として実施する、ゲイに関連する政策についてのアンケート調査です。

その中で、「小・中学校等の授業において同性愛者について扱うことをどう考えるか。」
という設問があって、これがすごく「試金石」な気がします。同性愛についてどう考えているかについての・・・

リンク: .

問3 1)小・中学校等の授業において同性愛者について扱うことをどう考えるか。

   ●猪爪まさみ(新宿区、民主党、新人)
     <回   答> c.扱う学年を一定学年以上に限定すべきだ
                 (具体的に何年生以上か?:記入無し)
     <回答理由> 性同一障害(編集注:原文のまま)も含め一定年令になったら話す必要も
               あると思いますが、年令の設定はもう少し考えさせてください。

   ●門脇ふみよし(杉並区、民主党、新人)
     <回   答> d.扱うべきではない
     <回答理由> 記入無し

   ●和田宗春(北区、民主党、現職)
     <回   答 a.積極的に扱うべき
     <回答理由> 記入無し
   
   ●初鹿あきひろ(江戸川区、民主党、現職)
     <回   答> c.扱う学年を一定学年以上に限定すべきだ
                 (具体的に何年生以上か?:高校生から)
     <回答理由> 記入無し
 
   ●中村明彦(台東区、民主党、現職)
     <回   答> d.扱うべきではない
     <回答理由> 取りだてて(原文のまま)問題提起する必要がない。

%

「同性愛への差別には反対」といっていても、「小中学校で扱うべきではない。」という人は、結局同性愛について「ダメなこと」と思ってると思う。

| | Comments (356) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »